スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点滴

2008年1月24日(木)その3 点滴

今日は体が自由に動く。
お尻に痛みがあるが、動けない事はない。
朝食を済ますと、まずタバコを吸いに行った。
気が付くと残りのタバコはなくなっていた。
予備の買い置きもない。

喫煙所にいる人(近藤さんに一本と前田さんに三本)にもらった。

部屋に戻ると点滴を打たれた。
看護婦さんに

「この針は動くとずれてしまうので、動かないで下さいね」

と言われた。
ベッドでじっとしているのも退屈だったので、点滴されながら動いていたら、点滴の針のところがプクーっと腫れてきた。
入院生活初めてで多分最後であろうナースコールを押す。

 「どうしました?」

 「点滴のところが腫れています。」

針を刺しなおしてもらった。
その後も点滴は続く。
半分眠ったりしていたので、点滴がカラになっていることもあったようだ。

目を覚ますとなかなか落ちてこない点滴に、僕は行動に移す。
点滴の落ちるスピードを変えようと色々触る。
すると点滴の管の中に空気がいっぱい入ってきた。
終わったあとに看護婦さんに血管に空気が入るとどうなると聞くと、良くないらしいとの返事。
別に体調に異常が出たわけでもないし、点滴が終わったし、また自由だ。

テーマ : 身体の悩み - ジャンル : ヘルス・ダイエット

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

無料レンタル
イボ痔入院日記
家田病院での手術・入院日記はここです。
(マウスをかざすと、記事のタイトルが出てきます。)
1話 ⇒ 2話 ⇒ 3話 ⇒ 
4話 ⇒ 5話 ⇒ 6話 ⇒ 
7話 ⇒ 8話 ⇒ 9話 ⇒ 
10話 ⇒ 11話 ⇒ 12話 ⇒  13話 ⇒ 14話 ⇒ 15話 ⇒  16話 ⇒ 17話 ⇒ 18話 ⇒  19話 ⇒ 20話 ⇒ 21話 ⇒  22話 ⇒ 23話 ⇒ 24話 ⇒  25話 ⇒ 26話 ⇒ 27話 ⇒  28話 ⇒ 29話 ⇒ 30話 ⇒  31話 ⇒ 32話 ⇒ 33話 ⇒  34話 ⇒ 35話 ⇒ 36話
手術前の僕の痔の症状
検索

カスタム検索
管理ページ

最近の記事
最近のコメント
リンク
edita.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。