スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院当日のスケジュール

2008年1月22日(火)その2 入院当日のスケジュール

部屋に入って荷物を片付けると、入院当日のスケジュールに沿った行動をすることになった。

 ①体温や血圧を測定
 ②オリエンテーションを行なう
 ③入院診察を行なう
 ④入浴を行なう
 ⑤18時 食堂で術前食を食べる
 ⑥19時30分~21時 下剤を飲む


①②は何も問題なかったが、③の入院診察は辛かった。

担当医による手術前の診察を行なうのだが、やはり患部を見る。
ということは中に納まっているイボちゃんをほじくることになる。

ちなみに診察は体操座りを90°背中方向に倒して、お尻を天井に向けるような体勢で太ももの裏を自分の両手でおさえて行なう。かなり恥ずかしい体勢だ。
通称②のポーズ。(写真参照)
診察のポーズ②

(余談ですが入院していた女性の実話で、出産時のように大股開きで診察に挑んで、そこまで開かなくても良いと言われた人もいました。)

患部をグリグリやられて、診察され、また元のサヤにおさめられる。
医師は患者の痛みを知らないから、手加減なしに押し込む。
痛みでしばらく動けない。
でもこの痛みもあとわずかだと自分に言い聞かす。

処置室の光景
↑処置室で待機中の眺め

あとで知った話だが、僕の担当医の副院長の三浦先生は肛門科の中で一番指が太いらしい。
やっぱ入れられるなら、細い方が痛くないので、そういう先生の方が良かったかな。
でもそんなの知らないし、医師は選べないからしょうがない。


3階の処置室とナースステーション
↑お世話になった3階処置室とナースステーション

テーマ : - ジャンル : 心と身体

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

無料レンタル
イボ痔入院日記
家田病院での手術・入院日記はここです。
(マウスをかざすと、記事のタイトルが出てきます。)
1話 ⇒ 2話 ⇒ 3話 ⇒ 
4話 ⇒ 5話 ⇒ 6話 ⇒ 
7話 ⇒ 8話 ⇒ 9話 ⇒ 
10話 ⇒ 11話 ⇒ 12話 ⇒  13話 ⇒ 14話 ⇒ 15話 ⇒  16話 ⇒ 17話 ⇒ 18話 ⇒  19話 ⇒ 20話 ⇒ 21話 ⇒  22話 ⇒ 23話 ⇒ 24話 ⇒  25話 ⇒ 26話 ⇒ 27話 ⇒  28話 ⇒ 29話 ⇒ 30話 ⇒  31話 ⇒ 32話 ⇒ 33話 ⇒  34話 ⇒ 35話 ⇒ 36話
手術前の僕の痔の症状
検索

カスタム検索
管理ページ

最近の記事
最近のコメント
リンク
edita.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。