スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙宣言後 31日目(再会)

月が変わってポジティブに行こうと思った矢先、昨日久々の再会がまたあった。
今一緒に仕事をしている電気屋さんのC社の協力会社で来たA電気さん。
僕が前にいた会社(T電気)の協力会社だった。

施工体制で言うと、

C社 → T電気 → A電気

それもA電気C社の仕事をするようになったのには、僕が絡んでいる。

僕が今いた社に入る半年くらい前(今から約4年前)にA電気と一緒に仕事をしていた。
当時の僕のいたT電気はかなり資金繰りが悪く、僕の給料も以前から遅れていた。

それがこの頃、協力会社にも波及していた。
支払いが滞り、当然A電気も資金繰りが苦しくなる。
その現場をやめると言い出した。
そこでお金の流れをC社A電気となるようにして、僕のいたT電気はその現場から外れ、僕もその現場の担当ではなくなった。

僕が電気設備工事の会社として最後に担当した現場で、時を同じくしてやっていたのがやはりC社からの仕事で、その仕事の竣工後に僕は今の会社に転職した。

C社からはその時に誘われていた。
もしも今の会社に受かっていなかったら、C社に入っていたかもしれない・・・。


さらにさかのぼること2年前、2002年にもC社にはお世話になっていた。
当時、僕はノイローゼになっていた。

大規模な突貫現場に行っていた僕は、電気JVの一担当者だった。
電気屋が6社のJVで担当者だけで、15人くらいいた。
僕はその内の一人。

その6社のうち、2社の協力会社として、T電気は現場に入っていた。
ただ僕は出向社員として、T電気の本来の仕事とは別の仕事をしていた。
当時の現場はCADが主流で、僕はまだ覚えたての頃だった。

そんな中での突貫現場、経験したことのない大きな現場、慣れない業務によるストレス、複雑な組織によるストレス、協力会社とのお金の問題(当時から資金繰りはよくなかった)という仕事のストレスとともに、家では長男がまだ小さく嫁が子育てへの不安からのストレスもかなりあった。

僕は完璧にダメになった。

 車の運転していると、このまま事故って・・・
 現場で足場上にいると、ここから落下して・・・

変なことばかり考えていた。

結局その現場の担当から外れ、当時のT電気の社長の計らいでC社に僕の身は預けられた。

僕はT電気の社長がすごく好きだった。
この会社に転職を決意したのも、社長の人柄を聞いていたからだ。
ノイローゼになった時も、社長のような人がいなければ、その場で辞めていて、今の僕はなかった。
会社の業績が悪くなっていかなかったら、ずっと居ても良いと思った会社でもあった。
これも運命なのだろうか・・・

社長はあまり多くをしゃべらないが、ものすごく人が良くて、それが故に色んな人に騙されて・・・。
元請会社からの無理な仕事も請けて、そして資金繰りが悪くなっていき、最後には会社を倒産させることになってしまった。

僕はその倒産の1ヶ月前に転職し、ギリギリその倒産の場には居なかったが、その後の話で社長が自殺未遂をやったなどという話も聞いた。
今の消息は分かっていない。

今一緒に仕事をしているC社の人には言っていないが、僕は知っている。
T電気の社長は倒産の前、C社に助けを求めた。
でもそれは却下された。

それまで無理な仕事をお願いしてきた事もあっただろうに、いざという時は・・・
それぞれ会社によりできる事、できない事はあるだろうが、そんな話を聞くと悲しいものだ。


今、T電気が存在していれば、恩返しすることもできたが、それはできなくなった。

記事を書いていて、思い出した。
T電気の社長、常務、専務はみないい人だった。
元気にしているだろうか・・・


また過去に戻ってしまった。
ポジティブに行こうと思っているのに・・・
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 心と身体

禁煙宣言後 30日目(アメとムチ)

昨日、3時頃二人の上司から電話が掛かってきた。
僕の直属の上司が二人いる。

K課長T課長

K課長はすごく優しく、放任主義。(2月22日の痔ろうだったよの張本人)
T課長は厳しく、管理主義。

一言で言うとそんな感じだ。
K課長からの電話は仕事の話だったが、T課長からの電話は違った。

 「おう、お前大丈夫か?最近元気ないし、T中から最近お前がおかしいって聞いたけど」

と電話が掛かってきた。
T中さんとは、一緒に仕事をしている年上の建築担当の人。
愉快な人で、いつもどちらかがT課長に怒られている。

T課長は厳しいがとても人間味のある人で僕は好きだ。
K課長も性格は違うが、好きだ。
二人の上司の下で仕事ができて、うれしいと思っている。

T課長は何かあるとこうして、心配して電話をしてきてくれる。
ムチは多いが、いつも色んな人に気を配っている。


最近、ふと考えることがある。
今の仕事はどうなんだろうと・・・。
K課長T課長ともに僕にゼネラリストになるように指導してくる。
僕はスペシャリストを目指したいと思っている。
それでたまに衝突する。

建設会社に所属している僕は、電気や空調などの設備分野が専門だ。
僕はその専門分野を極めて行きたいと思っている。
上司の僕への期待はそれとはちょっと違うように感じる。

転職して4年あまり。
人間関係も徐々にでき、仕事がある程度分かるようになっきたこともあるのだろうか、最近自問自答する事が多くなった。

このままで良いのだろうか・・・

今が精神的におかしいのかも知れない。
T課長の電話と同じくして、一つの連絡が入った。
悲しい連絡だった。

でも月も変わったし、気持ちを切替えて、また超ポジティブに生きていくしかない。
いつかうれしい連絡が入ってくることを期待して・・・
(そんな事ないと思うが、やはり前向きに考えたい)

テーマ : 日記 - ジャンル : 心と身体

禁煙宣言後 28日目(色々あった2008年7月)

12時をまわり、もう月が変わって8月となった。

先月は何かと色々あった思い出に残る月だった。

7月4日の結婚10周年記念、前の会社でお世話になった元・元請会社の課長さんと一緒に仕事をすることになり、内緒でやっていたフットサルが嫁にばれたり・・・
一番思い出に残るだろうことは、15年ぶりなった自分の感情だろうか・・・

とにかく過去を振り返ることが多い月だった。

やはりこの時期で思い出すのは学生の頃。

大学でサッカー部に所属していた僕は、大学の夏休みにある1ヶ月のオフ期間にやらないとできないことをやっていた。
大学1年の時は車の免許を取り、2年の時はバイクの免許を取り、3年の時はバイクで北海道一周旅行と本州縦断の旅に行った。
そして4年の時は、アメリカへサッカーのワールドカップの決勝戦などを観戦に行った。
とにかく今やらなければ、後悔すると思うことは実行に移した。

大学4年の時のワールドカップ観戦の時は、周りのみんなが就職が決まってきているというのに、僕は決まっていなかった。
でも今行かなくて、あとで後悔したくないという思いだけだった。
遡ることその4年前の高校3年の時に行くと決意したことを実行した。
それまでに必死で貯めた約100万のお金はなくなってしまった。

その後就職を決め、必死でバイトをして、今度はイタリアにセリエAの観戦に行った。

それ以外は大学の授業(授業は出席しているが、寝ていることが多かったが終わると、部活をして、バイトして・・・
週一回の部活の休みと週一回のバイトの休みという生活だった。

バイクの免許を取るために、バイクを買うために、北海道に旅行に行くために、サッカー部の部費を払うために、車を買うために、アメリカへ行くために・・・
ひたすらバイトをした。

一日に3つのバイトを掛け持ちしたことも、学校の授業がある平日も部活のあとに二つのバイトを掛け持ちしたり、かなり無理をした生活だった。


今でもあの頃の感覚で、自分がやりたいことのためには手段を選ばないというところが抜けていない。
自分でそう痛感した、させられた月でもあった。
35歳にもなって、三人のオヤジになっているというのに・・・

僕がこうしたいと思って実行できなかったことは、オーストラリアのバイク一周旅行と学生時代に好きだった女の子への告白。
それは今でもものすごく後悔している。
オーストラリア1周はまだ生きている限りチャンスはある、後者は・・・

あきらめの悪い男、タチの悪い男だ。
思い立ったら行動しないと気が済まない。

昨日、それで嫁と衝突した。

嫁との条約で、趣味でやっているサッカー、フットサル、野球は週2回までというものがある。
その条約を破って、内緒でフットサルをやっていた。

それが一昨日の夜、疲れた僕は何もせずにベッドで寝てしまった。
深夜に嫁が僕の携帯メールをチェックしたらしい。
それによりあらゆる事がばれてしまった。

嫁にこう聞かれた。

 「なんで内緒でフットサルをするの?」

土下座して僕は正直に言った。

 「やりたいから。」

嫁があきれていた。
というのは、僕に説教する3時間くらい前に子供にも怒ったというのだ。
僕にソックリの長男(かずや)が

 「のどが渇いた」

と言うので、嫁が待ってるように言った。
あとでお茶いらないのとかずやに言うと、

 「もういらない」

さっきまで散々のど渇いたと言っていたのにおかしいと思い、次男(たくや)に聞くと、

 「にいちゃん、ジュース飲んでた」

とチクったらしい。

 「なんでウソをつくの?何でそんなことするの?」

とかずやに聞くと、

 「飲みたかったから」

そう言ったところまでDNAにより引き継がれているようである。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

禁煙宣言後 26日目(カブトムシのたまご)

相変わらずタイトルの「禁煙宣言後●日目」の意味がない生活をしている。
つまりタバコを吸っている。

この前の日曜日に野球の試合サッカーの試合とをした後、子供のクワガタとカブトムシの飼育ケースの掃除をした。

カブトムシは、去年にたまごを産んだものから、今年成虫になったもの。
クワガタは、義理の弟に幼虫でもらったオオクワガタのオス2匹とメス1匹。
(写真ではないですが)

カブトムシは何匹か幼虫になり、サナギになったのだが、羽化に失敗し、成虫になったのは、オスが1匹とメスが3匹だった。
久々に飼育ケースを子供と一緒に掃除していたら、タマゴがいっぱい出てきました。

すでに小さな幼虫になっているものも含めて、合計15個くらいありました。
写真には6個のタマゴが写っています。

来年はこのタマゴから何匹成虫になってくれるかな・・・
それと今年はあと何匹生むのかな・・・
カブトムシのたまご

禁煙宣言後 24日目(人の価値観)

禁煙宣言はどこへ行ってしまったのか・・・

家では禁煙するが、会社ではダメ。
そんな日々が続いている今日この頃・・・今日も家でニコレットを噛みながら、ブログの記事を書いています。

先週から今日に掛けて、ブログ仲間でもあり、大学の友人でもあり、フットサル仲間でもあるダイエットおじさんを含めた大学の友達とバーベキューでもやろうかということで、色々連絡を取っていた。

その中に通称どらごんがいる。

今回の話は、ダイエットおじさんのぞみ院長それとたかと僕の4人で話を進めてきた。
4人の話の中で

     どらごんの家でBBQをやらせてもらえないか」

という話になり、僕が交渉役となった。
どらごんの家は100坪近い土地があり、大きな敷地にデッカイ庭があり、BBQにはもってこいだと思っていた。

     「今度BBQやろうと思っているけど、どらごんの家でやるってのはどう?」

するとどらごんの回答は・・・

     「BBQやると芝に油が付くじゃん・・・」

・・・。
一瞬僕の耳を疑った。

芝>友人?

まぁどらごんの考え方だ。
文句言う気にはならなかったが、昔のことを思い出した。

・・・・約15年前・・・・

どらごんと僕の家は隣町。
普段はサッカー部に所属している僕は、どらごんと一緒に帰ることはほとんど無かった。
ある時、どらごんと一緒に車で帰ることになった。

どらごんの車(厳密にはどらごんオヤジの車だが)を僕が運転して帰ることになった。<
その日はあいにくの

当然のようにワイパーを動かそうとする
するとどらごんがこう言った。

     「ワイパー動かさないで、ガラコが取れちゃうから・・・」

そのときの雨は小雨
ある程度の雨量とスピードがあると効果のあるガラコも小雨では効果なかった。

ガラコ>僕の運転し易さ?

ただ運転できないわけではなかったので、そのまま運転した。
初めて運転する車で、視界が悪い状態だったが、何事もなく家に帰ることができた。

・・・・・・・・・・・・


人の価値観は千差万別。
僕の考え方が間違っているのだろうか・・・
最近そう思うこともしばしばだが・・・

心入れ替えた方が良いのだろうか?

テーマ : 禁煙・タバコ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

無料レンタル
イボ痔入院日記
家田病院での手術・入院日記はここです。
(マウスをかざすと、記事のタイトルが出てきます。)
1話 ⇒ 2話 ⇒ 3話 ⇒ 
4話 ⇒ 5話 ⇒ 6話 ⇒ 
7話 ⇒ 8話 ⇒ 9話 ⇒ 
10話 ⇒ 11話 ⇒ 12話 ⇒  13話 ⇒ 14話 ⇒ 15話 ⇒  16話 ⇒ 17話 ⇒ 18話 ⇒  19話 ⇒ 20話 ⇒ 21話 ⇒  22話 ⇒ 23話 ⇒ 24話 ⇒  25話 ⇒ 26話 ⇒ 27話 ⇒  28話 ⇒ 29話 ⇒ 30話 ⇒  31話 ⇒ 32話 ⇒ 33話 ⇒  34話 ⇒ 35話 ⇒ 36話
手術前の僕の痔の症状
検索

カスタム検索
管理ページ

最近の記事
最近のコメント
リンク
edita.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。